Youtubeで動画が大量にパクられた時の対処法

YouTube

2018.12.01



スポンサーリンク

Youtubeの私のチャンネルを見たかたは
すでにご存知かもしれないですが、
Fishing Girlというユーザーに私の動画が
206本パクらていました。

その割には登録者が5人しかいなかったようですが、
まぁ、私の動画を盗んだ時点で、狙うターゲット
を間違えたわけですな。

いくら低クオリティの動画といえどもパクられた
以上、こちらもなにも対処しないわけにはいきません。

ですので、動画の下にあるタブでYoutubeへの報告を
選び、違法コピー動画を運営に報告していました。

しかし、これがやってみると意外と手間がかかるんですよ。
1個だけならまだしも、200個もパクられると、
これまた、気の遠い話です。
しかも、やってることになんの生産性もないので、
次第に空しくなってきます。
現在、動画6つ分くらいのデータがあるのですが、
それらの編集に時間を回せたら、と思うと、
余計に気が進まないんです。

それでも、やっていくしかないと思い、一日一個ずつ
動画削除依頼を出していましたが、先週、ついに
面倒くさくなり、運営にカクカクシカジカで
面倒くさいので一括で削除できる方法教えてください、
とメールを出してみました。

そしたら、Content IDという自分の動画のメガバイト数
をもとに動画がコピーかどうかを判断し、削除できる
(って感じなのかな?よく理解できなかった)
ツールの存在を教えてもらい、それに申請してみました。

なんだか、強力なツールらしく、申請制になっており、
簡単にツール使用の許可が下りないらしいです。

まぁ、200本もパクられてるんだし、許可おりるでしょ、
と呑気に構えていたら、まさかの却下。OTZ

 



スポンサーリンク

 

 

うえぇぇえ・・・一本一本動画削除していくしかないのか

面倒くさいけど、やるしかないか・・・

そんな感じで、削除作業を再開したのですが、
どうやら削除依頼って10件までまとめてできるんですね。

相手のURLコピペして、自分のURLコピペして・・・
これを10回繰り返して、、、、
まとめて10件削除依頼出してみました。

同時期に Amy Bassというユーザーにも動画が80個
くらいパクられていたので、同じように10件、
まとめて削除依頼を出しました。

しょうがないから、今日からこれを日課にするか、
と新たにくだらない日課を加えた次の日。

なんと、2チャンネルともチャンネルが削除されてました。

!!!

Fishing Girlのほうは前々から一個ずつ削除していた
ので、最後の10件一括削除も含めて、20個ほど動画を
消したことになります。

Amy Bassのほうは最初の削除で10件まとめて消しました。

チャンネル自体の削除

これを要するにやりたかったわけですが、
はからずしもこれが叶いました。

この2チャンネルの削除から考えるに、
定かではありませんが、一件一件削除するよりも
もしかしたら、10件まとめて削除依頼を出す方が、
Google 側がより極刑を下す可能性が高いかも
しれません。

というわけでまとめです。

いや、最初からそれを言えよ!て声が聞こえました。
ごめんなさい。

まとめ:

動画を大量にパクられた場合は10件まとめて、
削除依頼を出すべし

最初の10件でチャンネル削除がされなくても
10件まとめて削除を繰り返せば、Google が
チャンネル削除をしてくれる可能性は高いと
思います。

ちなみに、Content IDは効果があるんでしょうか?
許可が下りなかったので、なにもわかりませんが、
使ってみた方はぜひ効果のほどを教えてください。



スポンサーリンク

タグ, , ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。