穴釣りの仕掛けを超経済的に作る

釣り

2019.01.02



スポンサーリンク

 

さてさて、寒さも強まり、釣りでも厳しい季節が
やってきました。今まで釣れていた魚も姿を消し、
外道と捨てていた魚も今ではどこへ行ったのやら。

そんな中、夏でも冬でも安定して魚の顔が見える釣り。
いくつかありますが、穴釣りもその一つです。

夏に釣るもよし、冬に釣るもよし、刺身でも、
煮つけでも食べれる美味しい根魚が釣れる
この釣りは堤防の横などに積まれているテトラポッドの
隙間を住みかとするカサゴやソイなどを対象魚とした釣り方です。
投げ釣り、ウキ釣りなどで魚がまったく釣れないときでも、
この釣り方をすれば、絶対魚の顔が見れるので、
個人的にはよくボウズ(一匹も釣れないこと)逃れで
この釣りをしています。

穴釣りとはどういった釣りなんでしょうか。



スポンサーリンク

 


穴釣り


堤防横のテトラが積まれている場所で行う釣りで、
テトラの隙間に潜む、カサゴ、ソイ、場所によっては
高級食材のキジハタやイセエビなどがターゲットの釣り。

一般的に深い穴にほど魚がいる確率が高く、そういう穴を見つけられるかがポイント。また良い穴には複数匹いることがあり、自分も最高同じ穴から3匹釣ったことがあります。そういった深い穴を探っていく釣りなので、必然的に仕掛けが引っ掛かりやすくなり、ロスも多くなります。

タケノコメバル

これはタケノコメバル



スポンサーリンク

 


タックル


ロッド&リール:
一般的には1m未満から1.5mくらいまでの短い竿を使う。
中には手袋を改造して、釣りに使う人もいる。
竿は7:3くらいの先調子が使いやすい。
リールは人によって様々だが、ベイトリールを使うと
手返しなどが早いため、そうする人は多いが、
スピニングリールでもまったく問題ない。
大きさは1000番~2500番くらいまでで十分。

 

ライン:
リールに巻くメインのラインは、テトラなどにこすれて
摩耗することを考え、3~5号くらいの太めのラインを
使った方がよい。テトラや貝などにこすれるということも
あるが、よく根ガカリする釣りなので、細いラインだと、
軽い根ガカリで仕掛けを失う可能性がある。

 

仕掛け:
上州屋、キャスティング、ポイント・・・など、
全国の釣り具やを上げればきりがないが、大体の店で、
ブラクリやブラーといった穴釣りの専門の仕掛けが
売っている。これらは大きさ、アクセサリーの有無、
数などにもよるが、2個で250~400円が相場。
ひし形の赤いオモリに1cmくらいのヒモの先に針が
ついているのがスタンダードな形。
ほかにはルアー釣りでジグヘッドにワームを
付ける方法もある。

 

エサ:
生き餌とルアーに分かれる。生き餌は殻をむいた海老、
アサリなどでも釣れるが、個人的に一番効果があると
感じたのは、アオイソメやジャリメの一匹掛け。
穴釣りの対象魚である、カサゴやソイは口がでかいので、
どんなエサも大体一口で食べてしまう。なので、
アピール度を高めるためにエサは大きくつけたほうが良い。
ルアーでは主にワームを使う。ザリガニ型のワームや
、チューブ型のワームなど。
色は何でもいいと思うが、赤やオレンジ、白系で
釣ってる人が多いように見受けられる。緑系でも釣れる。

 

釣り方:
堤防とテトラの隙間、テトラとテトラの隙間などを見つけ、
仕掛けを落とし込む。糸が出なくなるまで、仕掛けを落とし、
底に着いたら仕掛けを20cm~30㎝位上下し魚を誘う。
魚がいればすぐ来る。アタリ(魚が食いついた時の感触)
は明確で、手元にもしっかり伝わる。
これを感じたら、素早くラインを巻き取り、
魚を釣り上げなければならない。
なぜかというと、テトラとテトラの隙間に潜り込んでしまうと、
引っ張っても出てこなくなってしまうから。
なので、魚が掛かったらすぐ巻き上げる。また、もしその穴に魚が
いればたいていすぐ食いついてくるので、最深部着底後、
4~5回竿を上下してなんにも反応がなければ、
次の穴に移動する方が賢明。

メバル カサゴ タケノコメバル

上からメバル、ムラソイ、カサゴ



スポンサーリンク

 


穴の見つけ方、良い穴、悪い穴


穴は上から見て、隙間は5cmもあれば十分。
大事なのは深い穴を見つけること。
浅い穴ほど魚がいない確率が高い。

つまり浅い穴=悪い穴、深い穴=良い穴、となる

深い穴だが、感覚的にいうと、最初の2mほどは
ストレートに落ちる。そこで終わりなのがダメな穴。
そのあと、着底かと思い、竿を2~3回上下すると、
またスルスル落ちていく。この時、ラインがテトラに
擦っているような感触が伝わってくるのが通常。
そして、着底したらまた竿を何回か上下して
これ以上下に落ちていたかないか確認する。

こんな感じで、最初の着底後、3回以上スルスルと
落ちていくとかなりいい穴=魚がいる確率が高い穴だと
経験上感じている。

竿を上下して行う誘いとこれ以上下に行かないかの確認の行動が同じ役割をしているので、これ以上、下に落ちないかなぁと確認しようと竿を
上下したときに魚がヒットすることがよくある。



スポンサーリンク

 


穴釣りのメリット:


すでに先でも述べたが、ほかの魚が釣れない時期でも
安定して釣れる。おいしい刺身や煮つけが食える。
場合によってはイセエビも。カサゴやムラソイの
かわいい胸鰭やクリクリの目玉が見れる、などなど。

カサゴ 煮つけ

カサゴの煮つけ。うまぁー

 


デメリット


危ない。テトラの上で移動を繰り返す釣りなので、
滑ってテトラの穴に落ちる可能性がある。

そして、穴釣りは根ガカリとの勝負でもある。

とにかく仕掛けがひっかかる。そしてなくなる。

懐もさみしくなる。先に紹介したブラーやブラクリは
決して安いものではなく、一日やってると、10個くらいな
くなる時もある。

2個、250円だとして、10個なくなると、
1250円なくすことになる。

しかし、これは市販のものを買った場合で自分で作れば同じ効果を得ながらも比較にならないほど簡単で安く作れます。
必要なのは糸と針とオモリ。オモリは10号もあれば十分。
オモリや糸、針などのそれぞれの値段はそれぞれの店によるが、
私の近所の店では、セイゴ針16号20本で250円。
オモリ10号が10個ほどで450円。
糸は銀輪3号が50mで450円ほど。合計1150円。

オモリが10個なら10セット作ることができます。



スポンサーリンク


作り方


①まず糸と針を結びます。
(結び方は2個目の動画を参考にしてください)

②その次にオモリと道糸を結びます。

③①で作った針つきの糸をオモリに結びます。

完成。分かりやすいように動画も作ってみました。

 

 

 

針の結び方はこちらの動画

 

どうですか?

これで、市販のブラーやブラクリと遜色ない
釣果を生み出せます。

うまくいくと、こんな釣果も可能です。

メジナ カサゴ アカメフグ

メジナとフグとサヨリはウキフカセで釣れましたが、それ以外は全部穴釣りです。

なにか穴釣りについて質問がありましたら、
コメント欄にメッセージを残してください。

それでは、事故に気を付けて穴釣りを楽しんで下さい。^^b



スポンサーリンク

 

タグ, , , ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。