新年の鯉釣り

釣り

2019.02.19



スポンサーリンク

 

今回は新年早々行った、前の初釣りについて書こうと思います。

場所は丸子橋付近

多摩川 釣りポイント

以前のボラ動画でお世話になった場所です。

今回はパンではなく、ネリエサを持ってきました。
エサはマルキューの釣り餌のキューちゃん。

なんか子供が釣りしている表紙のエサです。
コスパが良いのでネリエサといったらこれを使ってます。

よく、祖父母の田舎に帰省した時に、
このエサを持って行って、フナやら、
ハヤやら釣ったものです。
表紙に対象魚が書いてありますが、
たしかに、嘘はいってないですね。

 

そして、釣り場所なんですが、今回は中州には渡らず、
排水がでてる横で釣ってみることにします。

なぜなら、そこが石畳で凹凸になっているんですが、
そこをさっきから鯉が何回も回遊しているからです。

これって、ネリエサをその通り道に置いとけば
簡単に釣れるんじゃね?という安直な発想からです。

ということで、本流抜きDXに1.5号の銀輪ライン、
セイゴ針16号のカエシをつぶしたものに
ピンポンボールほどのネリエサをつけ、通り道に落とします。

この釣りかた、結構好きです。
足場が水面より高いところにあるので、
どれくらいのおおきさの鯉が、何匹、
どのようなルートを通っているかが、丸わかりです。

そして、エサを落とした一番手前のルートにコイが
一匹ゆっくり接近。

来るか・・・・・・・・

エサを手前50cmくらいで鯉の動きが止まり、
ゴソゴソ水底をあさり始めた。
おお、ヒゲセンサーがちゃんと反応して、
エサの存在を感知している!

そして、ゆっくりと近づき、
ネリエサの上で鯉が逆立ち状態になった。

キタコレ

吸ったり吐いたりしてるので、機を見て、
一気に合わせる!

ズンッ!

乗った!

ヨッシャ、掛かった!!

もともと浅い場所であるために、掛かった瞬間、鯉は横走りを繰り返す。

毎年、新年初釣りは坊主スタートだったため、
今年はなんとかボウズスタートは回避できそうだ。

5分弱の闘いを終え、

無事鯉から針を外し、川にもどす

 

いやぁーよかったよかった。

それから干潮へとどんどん近づき、
だんだん中州があらわになってきた。
夕暮れもさしせまったころ、
今度は中州からネリエサを使って釣ってみた。

投入後20分。
夕日に反射するラインが動くように見えたので、
合わせてみた。
すると、一匹目よりも重い引き。
これはでかい!
水際までのされながらもなんとか、砂浜に
ずり上げ、ランディング。

腹がデップリと太った鯉さんが釣れました。

鯉 多摩川

冬前の荒食いだったのか、お腹が異様に膨れてました。

 

鯉 多摩川

なかなか貫禄のある鯉

その後、これより大きい鯉は何匹か釣りあげてきましたが、このコイを上回る引きを見せた鯉はいませんでした。それだけマッチョなコイでした。



スポンサーリンク

 

タグ, , , , ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。