冬のソウダガツオは全身トロらしい

魚料理

2019.04.03



スポンサーリンク


ソウダガツオ

と聞くと何を思い出しますか?

アジやタイ釣りの外道を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

あまり釣り人にもてはやされてないソウダガツオ。

冬になると全身トロの激ウマカツオになるという知人の話を聞いたので、
さっそく買ってきました。

ソウダガツオ刺身高知県産スマガツオ(ソウダガツオ)262円(税込み)なり

近くのスーパーで売っていたのは高知県産のソウダガツオ。

調べてみたのですが、高知県ではソウダガツオのことをスマガツオと呼んでいるようです。

自分の知っているスマガツオは胸鰭の下に黒い斑紋があるものでしたが、
どうやらそれは「モンズマ」と別の名前で呼ばれているようです。

ソウダガツオ = スマガツオ

スマガツオ  = モンズマ

ちなみにソウダガツオにはヒラソウダとマルソウダがいますが、
高知県でいうスマガツオにはヒラかマルの区別はないそうです。

呼び方の違いの話は置いといて、この4分の1の腹側で税込み262円。

相場がよくわかりませんが、本当にトロならば断然安いです。

さっそく開封して、切ってみました。

ソウダガツオ刺身

ソウダガツオ刺身

おお・・・・!

この包丁にへばり付く脂!!

一度、秋にソウダガツオを釣ったことがあるのですが、あの時は
こんなに脂はありませんでした。

秋のソウダガツオ釣り

 

 

さっそく一切れつまんで、醤油の中へ。

ソウダガツオ刺身
皮と身の間の脂がなんとも艶めかしい・・・

そして、醤油に広がる細かい脂
ソウダガツオ刺身

すごい・・・・

そして、ちょっとわさびをのせ、一口で食べる

と、、、口の中に脂が広がる!!!

すごっ・・・・・

まさかここまでとは思いませんでした。

本当にトロ!!
まさかあの外道としてぞんざいな扱いを受けているソウダガツオが
ここまで旨いとは!!

しっかりとした肉質にのった脂は正直、本家の本ガツオ以上だと思います。

これで261円は安すぎる。

もうひとパック買っておけば良かった・・・・

そして日本酒が止まらん。

冬のソウダガツオの刺身。

もしスーパーで見かけたら一度買ってみてください。

ぜったい損しませんよ!



スポンサーリンク

 

タグ,

コメント

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。