寒波の日に多摩川でシーバス釣り

シーバス釣り

2018.12.09



スポンサーリンク

こんにちは
この寒い中、釣りに行った基地外病末期患者です。

 

17時を丁度過ぎたころに現地到着

誰もいない!(嬉)

そして、川を覗いてみる。

ほむほむ

いつもよりはうっすらと濁っている・・・

そして流れはすでにかなり効いている。

これ・・・いけるんじゃない?

あとはベイトがちょびっといるとシーバスさまの
ご尊顔を拝することができる可能性がちょびっと
上がるんだが、この時点ではまだ確認できず。

まぁ、あの人たちはいつも暗くなってから明暗部分
の境目をウロウロし始めますからね。

17:10 釣り開始

17:20

17:30

17:40

17:49 流れはガンガン効いてるし、ルアーも
ガンガン投げるが、アタリどころかベイトすら
一匹もいない。

もうとっくに明暗は出るくらい日は落ちてるし、
そろそろボラっこ4~5匹フヨフヨ泳いで
きてもいいんだけどなぁ・・・・

と、ルアーを巻き巻きしてると手前から5mくらいで
グーーーーンと随分鈍い重さが竿に伝わったので、
思いっきりしゃくって巻く!

もわ~~~っと川底から白っぽいのが浮かんできた。

ゴミか・・・OTZ

と思ったときその白っぽいのが水中で頭を振り出した。

ゴンゴンゴンッ!!

おお!

シーバス!?

白っぽく見えたのはシーバスの開けた口の部分でした。

水面まで上がってきてからやっと抵抗らしい抵抗し
始め、水面でちょっと手こずった後は
素直にフィッシュグリップでランディング!

やった・・・・・!!

有り難く全長測らせてもらいます。

 

多摩川 シーバス

62cm。姿を見るまでゴミだと思ってました。

 

結構顔がシャープでなかなかのイケメン OR イケジョでした。

ヒットルアーはキッカーイーター

これだけで100%満足なので、帰ってもいいくらい
なのですが、他の釣り人もいないので、副流煙に悩まされる心配もない+川を見る限りまだ釣れそうだったので、そのまま釣り続けることに。

そしてそれが大正解!

18:15に橋脚から10mほど離れたところを引いていた
またまたキッカーイーターに今度はガツンッ
シーバスらしいバイト!

きっちりアワセを入れその後も5回ほど追いアワセ!

を、入れたのはいいのけど、なんとそのままアワセの
勢いで水面を滑ってくるシーバス。

これが業界用語でいうチーバスか・・。

水面で暴れているときは30㎝あるかないか、
かと思ったが測ってみると39cm。

 

多摩川 シーバス

 

おっ!いいね!

このサイズでも文句ありません。
この寒い時期に来てくれただけで感謝です。

ここでふと思い出した。

あ、このフィッシュグリップ、重さも測れるんだった。

測ってみると、このシーバスは0.8kgくらい。
39cmで0.8kgか。

あ、そういえば一匹目の体重計ってなかった。

このチーバスを逃がした後、また川を見ます。
まだ釣れそうだ!!

それからもルアーをとっかえひっかえし、
投げ続けると・・・


ズンッ!!!

という重さが突然竿に乗った!!

おりゃ!とすかさずアワセをいれファイト開始!

今度は水面を滑ってくるなんてもんじゃなく、
全然浮いてこない!!!

掛かってからシーバスって大体エラ洗いするけど、
それもないし、そもそも水面近くまで全然こない!

そしてゴンゴンッという頭振りに合わせて出される道糸。

こ・・これは・・まさか噂に聞くランカーか?

ランカー釣った人曰く、
ランカーはでかいからジャンプはおろかエラ洗い
もあまりしないよー、と。

ついに来たか!!??

と、一人で勝手にエンジョイ&エキサイティング
してると下流に走り出した。

 

やばい!!!

 

下流には杭が何本も立ってる場所がある。
そこで巻かれたりしたら最悪だ!!

 

黒犬騎士団心得を実践してる場合じゃなかった!!
なんとかドラグを締めて耐える。

これは以前釣った58cmのフッコ以上かもしれん。

そして、ついに魚が浮き上がってきた。

と、おもったらなんか泳ぎ方がへんだ・・・
一瞬エイかとも思ったが銀色。
銀色なんだが、なんか細長いのが体から出てる・・・

???

よく見るとシーバスの体に流れてきた1.5mくらい
の枯草が巻き付いていた。

そして、エラ洗いやジャンプしない理由はそれだけ
じゃなかったのがすぐわかった。

スレ・・・だった

胴体の真ん中にルアーがついてる。

なるほど、どうりでいつもより重いし、
ジャンプやエラ洗いもしないわけだ。

なんとかフィッシュグリップで口をおさえ、取り込み成功。

早速、全長を測るとーー・・・・

え、62cm?

 

多摩川 シーバス

 

一匹目とまったく同じだぞ・・・。

まさか一匹目と同じ魚じゃないよね?
口を確認したけど、針傷らしきものは確認
できなかった。

さすがに同じ個体ではないと思うけど、
けっこう個体数入ってきてるのかな・・
真冬なんだけどな。

逃がしたあと、19:30丁度くらいに
ガツンと来たアタリを乗せられずに、
そのまま終了。

もっと粘れば4匹目が出そうだったが、
もう3匹も釣れたので、十分。

今回の釣りはこんな感じでした。

 

大潮
シーバス 62cm 17:50 キッカーイーター
シーバス39cm 18:15 キッカーイーター
シーバス 62cm 18:50 ステイシー
19:30 フッキングせず ステイシー



スポンサーリンク

タグ, , ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。