多摩川での秋シーバス

シーバス釣り

2018.11.24



スポンサーリンク

ご無沙汰です。
最近、ブログの更新が滞ってました。

せっかく鈴木さんの廃シーズンだというのに
釣りにも行けていません。

当日は16:20頃から開始し、明暗が出てからが勝負、と
のんびりルアーを投げます。

2日前に雨が降ったので、濁りがまだあるかと思いきや、
すでに濁りがとれた水色。
明るいうちはまだベイトの姿も確認できません。

まぁ、暗くなってからでてくるんだろうけど、

そのうち暗くなってきて、明暗が出始めると
いよいよ本番開始!

手を変え、品を変え、じゃなくてルアーを替えて
色々な角度を投げ倒します。

暗くなってからのベイトはというと・・・

出てきたには出てきましたが、
20~30匹の群れが一つ、たまに2つあるくらい。

お、こりゃ、今晩は行けるかな?

なぜか水面一杯覆うようなボラっこがいるときは
全然釣れないんですよねぇ。

次にシーバスの反応は・・・

散発的にあり、頻度は20~30分に一回程度。

これも悪くない、悪くないですぞ。

今日は本当に一本出るかも・・・

と、気合を入れて投げ続けていた19:50.
橋脚の近くに投げ、手前から15mくらい、
明暗の境を2mくらい暗闇に行ったところで
久しぶりの、、、本当に久しぶりの

ズンッ!

反射的にアワセ!
そして、追いアワセ!

ここから一気にリールを巻いていく!

さらに巻いて、気づいたらシーバスが足元の
ランディングポイントまで来ていた。

う~~ん、相変わらず掛かってからの記憶喪失が
続いています。

いつになったら引きが楽しめるくらいの余裕が
でてくるのでしょうか。

そして、親指をねじ込んで取り込み成功!!

やった!! 釣れた~~~~!

 

50cmジャストでした

こんな暇人野郎にやっとフッコさんが来てくれました。
有り難いことです。

一匹釣ってから、しばらく隣の釣り師さんと談笑し、
そろそろ釣りを再開するかと20:10に一匹目釣った
あとの第一投。

全く同じところに投げ、引いてくると、

ズンッ!!

まさかの人生初のシーバス2連続ヒット!!

やっぱり今までが目も当てられない釣りだったから、
多摩川の多摩ちゃんが微笑んでくれたのかな。

これもファイトの途中記憶がありませんが、
気が付いたら親指でガッツリシーバスの顎を
つかんでました。

記憶喪失って怖いですね。
仮にアリゲーターガ―やピラニア釣っても、知らないうちに
ガッチリ親指で下あご掴んでそうです。笑

2匹目は小ぶりの43cm。
それでもうれしいです。

 

 

 

まぁ、もうさすがに来ないでしょ、
と惰性でルアーを投げていた21:10

突然、前の2匹にはなかったような
ひったくるようなアタリ!

「体の脊髄反射アワセ」=オートフッキングで
ガッツリ針に掛け、ファイト開始。

掛かった直後に激しいジャンプとエラ洗い!

よくこれでバラしてたなぁ (遠い目)
追いアワセも自動で入れてたのでなんとか回避!

そのあと、なんとか足元に寄せると、今度は
足元で潜水開始!

この時、自分だけランディングポイントに行っちゃって
ラインが岩に擦れて、よく逃がしたなぁ~(遠い目)
今度はしっかり浮かせてからポイントへ誘導!

ぬふふ、復習は完璧なのだよ。

なんか今までのバラシてきたシーバスの課題を
総復習してきたシーバスでした。

そして、取り込み成功!

これ今日一番でかい!!

測ってみると・・・・

58㎝!!

ショボ

チッサ!

聞こえましたよ、そこのスマホの前のアナタ

いいんすよ、釣れればいいんです。
釣れれば。

釣れれば、釣れない惨めさでその夜の
枕が濡れることはないのです。

ところで、ここで、失敗が発覚。

計測して逃がした後、写真撮ってねぇ・・・
シーバス、かむばっく!

一日に3匹もつれるなんて何年か前の4匹釣ったとき
以来だからうれしすぎて有頂天家族になってました。

まぁ、ランカーとかじゃないからいっか・・

というわけで、久しぶりのブログ更新は
3匹ゲットということで久しぶりの釣果報告でした!

シーズンも半分以上過ぎましたが、皆さんが一匹でも多くのシーバスと出会えることを祈ってます!

 



スポンサーリンク

タグ

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。