ドブ濁りのシーバス釣り

シーバス釣り

2018.08.09



スポンサーリンク

この前の台風。

ノアの洪水でも来たかと思うくらいの雨雨雨!

普通は小一時間程度で収まるような激しい降りが

かれこれ半日は続いている。

 

こりゃ、明日はやばいな・・・・

と、思ったらやっぱりやばかった翌日の多摩川。

完全にコーヒー牛乳色 笑

18時ごろから釣り始めるが、潮が効きだしてきたころから上流から,

まぁくるわくるわ、ゴミの山。

ドンブラドンブラ流れてくるゴミがはるか上流のほうまで見える。

ということで、この時間帯からシーバス釣りならぬゴミ釣りの開始となった。

1時間後。

 

今日はゴミ釣りで終わりだな、と思ってゴミを回収し続けていたら、なんとあれだけ雨が降ったのに一時間後くらいにはゴミがほとんど流れなくなってきた。

おお、珍しい。

今日は行けるか?

と思ったが、イマイチベイトがいない。

 

まぁ、いても釣れないだけど。

ダクダクに濁っている川の表面をたまに2~3匹の魚がピョンピョン跳ねているだけである。

こりゃダメか。

と思いながらバイブレーションを投げていた20:55。

ゴンッ!!!!

突然15m先くらいの明暗でルアーがひったくられた!!

うそぉぉぉ!!!こんな濁りでくるのぉ?

なんとかアワセを入れようと竿をしゃくると、
それに合わせてなるズルズルズルゥーーと勢いよく出る糸。

あ、ドラグがユルユルだった 笑

ラインテンションを保ちながらなんとドラグを締めたがもう外れたか?と思いつつ竿を再度立てると、まだ重量感が!

まだ外れてない!!!

よしっ!

ゴリゴリゴリ リールを巻いていく。

結構硬い竿を使っていたのだが、その竿が今まで見たこと
ないくらい曲がっている。

あ、、、これデカイ?

数十秒後、足元までシーバスが寄ってきた!
でかい!!60後半は確実。70㎝超えるかも!

よしっ!!

これはもらった!!

と、思ったのもつかの間。

足元で沖にいたときよりも暴れまくるシーバス!

おいおいおい!
まだそんなパワーあったんかい!

なんとかランディング場所まで寄せたいんだが、
そこまでまったく寄ってくれない!

沖から足元までそこそこスムーズに来てくれたのに、ここでこんな暴れるものなのか!

足元で2回、3回とそこへ潜る潜る!

必死にラインが底や岩にこすれないようにいなす!

シーバスの自己最高記録は真冬に釣った71㎝。

これは記録更新があるかも・・・・

そんなことが脳裏をよぎった瞬間、突如竿から抵抗が消えた・・・・

ハッ!!!??

なにが起きた?

すべての重さが竿から消えた・・

 

そう、ルアーの重ささえも消えた

まさか、回収するとリーダーからプッチンプリン

まじすか・・・・

今年3匹目のシーバスが・・・・

前回も2回ばらして、今回も貴重な、しかも記録更新の期待がかかっていた大物を・・・

自分の結び目からほどけたのか、それともリーダーが何かに擦れて切れたかはすごい微妙なラインの痕だったが、どちらにせよ、シーバス釣りしててシーバスが掛かってルアー失くしたの初めて。

ああぁぁぁああ・・結構気に入ってたルアーだったんだけどなぁ

・・・・・・・・・・・

ということで、今年の3匹目のシーバスが非常に遠い今回の釣りレポでした。

廃シーズン(ハイシーズン)に入る前に3匹目を釣っておきたいなぁ



スポンサーリンク

タグ, ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。