海外で日本人男はモテるのか?

海外カルチャーショック体験記

2019.01.23



スポンサーリンク

 

色んな人が色んなブログに日本人の海外での
モテ度を書いてますが、自分も体験したことを
書いてみます。

注意:あくまでイチ日本人がウン億いる人類のうちのスズメの
涙にもみたないくらいの数の人たちと出会った中での体験ですので、
参考になる確率は山に入ってヤマビルに血を吸われる確率よりも
低いです。あまり参考にしないでください。

自分のスペック:
当時29歳。173cm。中肉中背。観光地で、よく中国人に中国語で写真撮ってって頼まれるような風貌。ランクでいうならば、下の中くらいでしょうか。
そういえば、大学の図書館でも10人くらいの中国人に
中国語で話しかけられたな~

 

ちなみに:
学校のクラスに必ず一人はいるようなハンサムさんは
どこでももてます。
以前、アメリカ、カナダにいましたが、ハンサム日本人はやっぱりモテテマシタヨ。

男なので、対外人男に対する日本人女性については
詳しくはないですが、これだけはいえます。
他でも言われてるとおり、日本人の女性はやっぱりもてます。

ただし、まじめな関係を望んでるのか体目的なのかは
わかりませんが。

知り合いの日本人女性でも外国人と付き合っていたり、
結婚した人が何人もいます。



スポンサーリンク

 

 


アメリカ編


あれは自分が21歳のころでしたかな。
アメリカのNY州の田舎にいたんですが、
自分にも春が2回もやってきましたんですよ。

1回目はアメリカ人女性から。
同じ寮の同じ階に住んでたことから知り合って、
元彼との関係で何回か相談されたので、色々助言してあげてたら、
告白されました。この女性は宗教色の強い人でした。結局、フェイスブックなどで、自分の友人関係を束縛してきたり、キリスト教徒でもない自分に、毎週日曜日に教会へ同行するよう強要してきたので、この人とは深い中になることはありませんでした。

2回目もアメリカ人女性から。同じクラスを取ってて、
最初に座った席の隣だったことから色々会話をして、
朝の大学のカフェテリアで告白されました。まだ18歳で
キャピキャピ感がすごかった女性でした。なんというか、女性のこのキャピキャピしてるのって、すごく苦手なので、お断りしました。



スポンサーリンク

 

 


カナダ編


ニューファンドランドという最東端の島に一年間いました。

結果:アジア人は絶望的でした。
他の中国人、韓国人と見てきたけど、
島の人とは友人になることすらも難しい感じでした。
ただ、他の人が言うにはカナダ本土とニューファンドランドの
人は違うらしく、島の人はやはり島国根性みたいなのがあって、
外国人にはあまり接したがらないそうです。

かくいう自分もアメリカにいたときにはひとクラスあたり
2~3人はフェイスブックに登録したり、
飲みに行ったりする友人ができたものですが、
ニューファンドランドでは一年でフェイスブックでの友人登録者数2人!
(自分の人付き合いは並み程度だとおもうのですが)

友人すら作るのが難しいっていうのが、ニューファンドランドの印象でした。ニューファンドランドの人を貶めるわけではありませんが、カナダ本土の人たちとは違うという声を多く聞きました。

事実、自分もモントリオール出身で移動中のバスの中で
隣だったというだけで、街を一日案内してくれるような
友人がフェイスブックにいます。



スポンサーリンク

 


ブラジル編


これまた大きな国で、民族&地域差が激しいので、
一概にモテル、モテナイはいえませんが、
日本人はインディオ系の人に持てる傾向があるのがわかりました。

ブラジルにはクイアバ、カセレス、リオデジャネイロ、カンポグランジと
住んできましたが、お世話になった日本人の方々(男性)はたいてい、
インディオ系の女性と結婚して家庭を持ってました。

かくいう自分も今は潰れてしまったスシレストランで働いていたときは、
インディオ系のお客さんに結構ちらちら見られ、
あとで上司から「さっきの客がお前に彼女いるか聞いてきたぞ」とか
言われたのが、一ヶ月で3~4回ありました。

日本人は過去の歴史から勤勉でウケがいいのも、
モテる要因のひとつだと、2世の方からお話を伺うこともできたので、
ブラジルでは日本人は自信もっていいと思います。

ということで、北米2か国、南米1か国の日本人モテ度の実体験でした。



スポンサーリンク

 

タグ, , , , ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。