黄金のコイが釣れた

釣り

2019.02.02



スポンサーリンク

 

以前、多摩川の川崎側から排水がながれでる場所で、秋から冬にかけてのボラ釣りをしていました。

仕掛けは8mののべ竿にライン、それに針。エサはパン。

たったこれだけの道具&コストでボラの強い引きが味わえるので、当時かなり通っていました。まあ、食べれませんが・・・

ある日、今日もボラさんに遊んでもらおうと、スーパーで6枚切り77円の食パンを持ち、釣り場に向かいました。

到着すると、まずまずボラさんが入ってる様子。

よしよしと思って道具を準備していると、なにか水中に白いっぽいのがあっちへいったりこっちへいったり・・・

 

んん~~~?

 

よく見ると、魚。

どうやら錦鯉のよう。

しかもよく見ると金色。

おおっ・・・!

金色のコイ!目が¥マークに一瞬なりかけましたが、冷静に道具を準備し、釣り開始。

ボラの反応はそこそこ。

口があまり大きく開かずぼそぼそ食べるので、針に掛かりにくいですが、それでも反応があるので面白いです。

しかし、さっきにから気になるのは金色のコイ。

エサを投げると、そこにやってくるのですが、大体ボラが先に食べに来るので、どうやら食べる気はあるけど、食べれないといった感じ。

そこで、パンを沈めたらドンピシャ!

使った竿はシマノの本流抜きDXの8m。

ラインはコスト重視の銀輪1.5号

針は鯉針12号のカエシをつぶしたものです。

 

エサのパンは6枚切りで77円(税込み)。

仕掛けは竿から針まで直に結び、オモリ等は一切つけません
まさに糸と針だけの原始的な仕掛けです。

ちなみに、この金色のコイはパンを沈めたら、まさか本当に食うとは思っていなかったため、カメラを用意しておらず、動画は途中からになってしまいました。

 

取り込んでみると本当にきれいな鯉でした。

黄金のコイ 鯉釣り

57cmです。

 

黄金のコイ 鯉釣り

顔と口がかわいい



スポンサーリンク

 

タグ, , ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。