港で小物釣りをするはずが・・・

釣り

2018.12.14



スポンサーリンク

 

12月最初の頃は異例の夏日!なんて予報が出てたのに、
やっぱり12月。ここのところ寒いですねえ。

こう寒いと魚が釣れるかどうかの問題ではなくて、
釣りにいくかどうかの問題になってきます。

最近はクロダイの居付き場所を見つけたので、けっこう通っていたんですが、まっっっったく相手にしてもらえません。

難易度は人間の女性並みです。

そんなわけで型の良いクロダイたちは諦め、小魚に遊んでもらうことにしました。

小魚と言えば漁港。
ということで、近くの漁港にやってきました。

やってきた港にはイサキの種苗場があります。

その排水が港の中で行われていて、そこは結構前から目を付けてたポイントです。

たぶん、イサキの稚魚が食べ残した高カロリーのエサが流れ出ているはずです。それを食べに来た魚を狙います。

タックル

ロッド:ダイワ プライムゲート5105TLFS
リール:シマノ アルテグラ3000番
ライン:ステルスシーバス8braids 1.5号

 

リーダー:銀鱗1号 1m

針:チヌバリ2号 黒
ガン玉:2B1個 針より20cm上に。

エサ:生オキアミMサイズ

クーラーボックス:Captain Stag

 

釣り開始

まぁ、実際はそんなに簡単には釣れないだろう、と思い第一投。

と、入れた数秒後にいきなりヒット!

一瞬、根に潜られたけど、釣れたのはなんだか血色の悪い緑がかったカサゴ。

カサゴ 釣り

これは幸先良いかも!とエサを落とすが、その後は、小さな単発のアタリが続くのみで、カサゴのような根魚の思い切りの良いアタリが来ません。

エサばっかり取られる時間が続きました。

そして、何回目かでやっと針に掛けることができたのは、

このチビメジナ。

多分このチビメジナの群れが下に溜まってるんだろうなぁ

このメジナのヒットシーンが撮るのに時間がかかったため、あとで映像をみたら、アクションカムの熱と外気の温度差でレンズが曇っていました。OTZ

ここのシーンが曇っているのはそのためです。

一時間後。

ここのポイントはあまりにも小メジナしかいないので、もっと他の小物を求めて、40mほど港の内側に移動。



スポンサーリンク

 

ポイント移動

ここも港からの排水がでている場所で、シラスの水揚げがあったときなんかは、市場の中にポロポロ落ちている小魚がここから流れ出ます。

タックルもここでチェンジ。

上記のタックルだと小メジナが掛かると一瞬で上がってきてしまうので、
3mの渓流竿に0.6号の銀鱗ラインにチヌバリ1号の直結。

 

エサは港から流れ出ているであろう小魚を釣り具屋から買ってきました。

早速第一投。

エサを落として、エサと針の重さでゆっくりと沈ませます。

数十秒後、ググッと穂先を抑え込むアタリ!

すかさずガッツリ合わせる!

ギュンと一気に竿がのされる!

やばい、なんかでかいのが掛かった!!と2,3回突っ込みをしのいだら、意外とあっさり上がってきたのは、お久しぶりなクロサギさん。

クロサギ 釣り

サイズのわりにはしょっぱなの突っ込みがすごかったなぁ。

今回、そこそこのサイズでおいしそうな魚が釣れたら持って帰る予定だったけど、クロサギは以前食べたことがあるので、今回はリリース。

これはなかなか幸先が良いですなぁ。

また小魚をつけて放り込む。

今度は何が釣れるかなぁ~

数十秒後、また竿先がぐっと突っ込む。

よし、もらった!!

と、ズバっと合わせると、明らかにさっきのクロサギとは違う重量と
パワー。

一気に竿がのされる!!

両手で必死に竿を支えて耐える。

さっきのクロサギは2,3回突っ込んだあとすぐに浮き上がってきたけど、こいつは違う!

何回も海底に突っ込み、そのたびに足の屈伸運動をして0.6号のラインが切れないように耐える。

これもしかして、クロダイじゃね?

数十秒後、やっと、姿が見えてきた。

その姿は・・・

なんかクロダイにしては細長いな・・・

しかし、問題は魚種ではなく、網がないこと。

今日は小物釣りに来たので、網を持ってきていない・・・

というか、もともと網自体持ってない。

まずいなぁ・・・ハンドランディングできる場所ないし。

あ、そうだ、さっき釣ったカサゴとメジナを入れていたバケツがあった。

それで掬うしかない!!!

ということで、ファイト時間をゆうに超える時間をかけて、
なんとかバケツですくった魚はこれ↓

マルタウグイマルタ 44cm。まだ春の産卵期ではないので、婚姻色はでていません。

やった!!

まさか3mの竿+0.6号のラインで44cmの魚を釣るとは思いませんでした。

やはり、排水の周りは海でも川でも港でも良いポイントですね。

ということで、今回は港での小物釣りでした。

 

 

ちなみに、このマルタは久しぶりの獲物なので、持ち帰って食べてみました。

マルタは小骨が多いと聞きます。果たしてどうなのか、検証してみました。



スポンサーリンク

 

タグ,

コメント

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。