数少ない冬の川の大物ターゲット、アカエイ

釣り

2018.12.06



スポンサーリンク


ここ最近、川でのエイ釣りにハマってます。

前回やっと一匹釣ることができました。

 

前回

いきなり1.5mのエイが釣れたので、ターゲットが少ない冬の川釣りには丁度いいと思って、あれから何回か釣りに行ったのですが、
あれ以来、釣れてません。

 

正確に言うと、掛かるのですがキャッチ率は0です。

 

前回は3回掛かって3回ともPE4号、もしくはハリス10号からブチ切られてます。

タックルはオモリ負荷25号の投げ竿に6000番の
投げ用リール。

 

それにPE4号の道糸にオモリ15号、ハリスが
ナイロン10号に青物でも釣れるカエシを潰した
大きな針。

 

今回もそのタックルで挑戦してきました。

 

当日は中潮。

8時から上がりはじめ、14時に上げどまりという状況で
11:05に突然リールのドラグが鳴りました。
ものすごい勢いでラインが出ていきます。

正直、ドラグを緩めていなかったらと思うとぞっとします。

 

急いでスプールを押さえ、アワセます。

 

そのとたん、竿が限界まで曲がり、押さえたスプールから
ズルズルとラインが出ていきます。

 

そして2,3mほど出されたかと思うとそこで、フッと軽く
なりました。

 

また、このパターン。

 

回収すると10号のハリスが切れてました。

 

アカエイ 釣り

手にもスプールを止めたときにラインで切れた痕が

 

過去数回のバラシもすべてこの最初の走りで
切られるパターンです。

PE4号と10号のハリスが力負けするとは考えにくい
ので、おそらくは最初の走りで仕掛けが川底の
障害物に擦れて切れたんだと思います。

となると、仕掛けが障害物に擦られる最初の走りを
止められない負荷25号の竿では、強度が足りない
ことになります。

エイのサイズに関しても、
「動画の1.5mのエイは止められたのに、それ以降は
全く止められない。
」ということは、タックルは

まったく同じなので、単純に考えると、取り込めた
エイ以降にヒットしたエイはすべて、1.5m以上の
大きさになります。

 

2m以上のエイも現実味が出てきました。

川で2mの魚。
エイなので尻尾も入れて測ると若干チートですが、
それでもすごいなぁと思います。

都会の、ど真ん中の川で2mの魚。

今年の冬は2mのエイを目標に釣りをしていこうと
思います。

そしてその目標達成のために、竿を変えようと思います。
今までのタックルでは太刀打ちできないので、
自分が持っている中で一番ヘビーなタックル、
オモリ負荷30号の投げ竿で次回から挑んでみます。

ではでは

 

潮:中潮、ヒット時間:11:05、エサ:冷凍アジ頭

 



スポンサーリンク

 

 

 

タグ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。