外国のおしゃぶり飴がけっこう精神的にくる

海外カルチャーショック体験記

2019.01.25



スポンサーリンク

 

こんにちは。

今日はカナダのニューファンドランドいたときの話をしたいと思います。

向うに住んでいるときは家探しでだいぶ大変な思いをしたのですが、

この時は運よく、いい大家さんが見つかって、家賃375カナダドルで光熱費込という良物件に住むことができました。

(ちなみに、相場は450~550カナダドルです。大体日本円で4万円から5万円です)

この大家さんはほんといい大家さんで、ことあるごとに食べ物を分けてくれたり、食事に連れて行ってくれたりしました。

もらった食べ物もターキーパイから飴とかなり幅があり、あまりのおいしさに秒速で食べてしまったものから、処理に困るものまでいろいろありました。

そのなかでも特に、おしゃぶり飴なるものには困りました。

その名のとおり、形が赤ちゃんのおしゃぶりで、丸い部分が飴になってます。

これが、甘いのなんのって、甘党ではない自分には苦行でした。

でもそれ以上に厳しかったのが、形でした。

なんというか、これはもう罰ゲームレベルだなと・・

どれくらいエグイか・・・・ 

結構、精神的に来るレベルです。

 



スポンサーリンク

 

タグ, ,

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。