アマダイの姿寿司が売ってたので、衝動買いしてみた

魚料理

2019.03.29



スポンサーリンク

 

去年、近所のスーパーに買い物に行ったときに珍しいものが
売ってたので、おもわず衝動買いしてしまいました。

それはこれ

アマダイ 姿寿司

アマダイの姿寿司です。

こんなの初めて見ました。

サバの姿寿司とかはまぁまぁ売ってますが、
まさかアマダイを姿寿司にしてしまうとは・・・・

しかもなにが面白いって、ラベルの品名が

アマダイ 姿寿司

「いとより」

んん?

販売元のセンスを感じます。ツッコミ待ちなのでしょうか。

アマダイ自体が高級魚なので、このお寿司も980円もしたのですが、
こんな機会はめったにないので、奮発して買ってみました。

帰宅して、さっそく開封。

皿に乗せます。

アマダイ 姿寿司

なんだか、魚以外の両生類を思わせる顔つきに見えるのは自分だけかな

背開きにして、酢飯を上から詰めてあり、その上に菜っ葉の細かく切ったものとゴマを掛けてます。

まずは匂いをクンカクンカ

ん・・・以前カマスの姿寿司を別の店から買ってきたんですが、
そこのほうが良いお酢を使っていたようです。
あちらはまろやかな酸味が漂ってきたのですが、こちらは
ツンッと鼻を指すような酸味が。

しかし、匂いだけでは味はわかりません。

さっそく身の部分を一口。

モグモグ

味は・・・・

まずは、酢。

先ほどの匂いのとおり、やっぱり酸っぱさがカマスの姿寿司にくらべ、
尖っていました。まろやかさはなく、ツンとした酸味が舌に残ります。

食感ですが、カマスはある程度、皮も身も噛み切れたのですが、
アマダイは皮の部分が噛み切れませんでした。
アマダイの皮のほうが厚いのかな・・・

味は、あの高級魚のアマダイだから~~、と期待したんですが、
普通でした。そう、普通の酢で締めた普通の魚の味でした。
カマスの姿寿司とまったく同じ味。白身の魚が酢で締められたら
こういう味がするんだろうなぁ、という想像をまったくでない
味でした。

しめ鯖はあの脂の乗りが非常に美味ですが、あの脂を完全に落としたあとの身。そんな味でした。

 

個人的にはあの高級魚のアマダイをわざわざ姿寿司にする必要は
ないかな、というのが感想です。

おそらくスーパー側も売れ残ったので、苦肉の策だったんでしょう・・・

 

結論:酢締めはしめサバがダントツ



スポンサーリンク

 

タグ

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。